スーツ生地柄の種類 –チェック-


スーツ生地柄の種類 –チェック-

 

ウィンドーペイン(Window Pane)

窓枠の意味です。見た目から柄名がついています。縦長や正方形の形。

 

グレンチェック(Glen Check)

スコットランドのネス湖近くのグレンアーカート渓谷一帯で織られていた柄で場所にちなんでつけられた名称。

 

オーバーチェック(Over Check)

チェック柄の上に主にウィンドーペインを重ねて表現した柄。

 

タータンチェック(Tartan Check)

イギリス・スコットランドを代表する多色の格子柄です。
スコットランドのクラン(氏族)が領主ごとに違った格子柄の生地を用いており、分家や成功があると本家の柄に1本または2本チェックが加えられ柄がどんどん増えていったといわれています。

 

千鳥格子(ハウンドトゥース)

千鳥が群れをなして飛んでいる様子を見立てたもの。
イギリスでは犬の牙の形を見立てたドッグ・トゥースあるいはハウンド・トゥースと呼ばれています。小さめの柄をドッグ・トゥース(犬の牙)、大きめの柄をハウンド・トゥース(猟犬の牙)と呼び分けがあるようですが明確な区分けは不明。

 

ブロックチェック(Block Check)

碁盤の目のような等間隔柄です。日本では市松格子や元禄模様という呼び名もあります。


オーダースーツ・シャツならDEFFERTにお任せください。名古屋.愛知.岐阜.三重に出張も致します。お客様のご都合の良い場所(ご自宅、オフィス、プライベートサロン)でオーダー