ジャケットのお尻の切れ込み-サイドベンツ-


「ジャケットのお尻の切れ込み-サイドベンツ-」

ジャケットのお尻の部分にある切れ込み
一般的にビジネス用途では真ん中に1本あったり、サイドに2本あったりします。
これは単純にデザインやシルエットのバランスだけのことではなく、そのようになったのには由来があります。

洋服職人は切れ込み(ベント)を開けることを「切る」といいます。
古くにはサイドベンツは「剣吊り」と呼ばれていたこともあるそうです。

サイドベンツはサーベル等をつるしておく際に機能的にとできたといわれています。
目的があっての機能なのです。

現在ではセンターベントもサイドベンツもビジネス用途では当たり前のようについています。
ベントがあるとシルエットがよりよく出るといったことがあります。
ウエストラインがきれいにみえるのは裾にかけての広がりです。
ベントはその裾に余裕を持たせる役割をします。
 

sidevents

 
deffert/デフェール
Web Site:http://www.deffert.net