服装での損得


「服装での損得」

服装には色々な効果や心理に関係をもたらせます。

スーツスタイルでいうならば

皆さん着用するアイテム(スーツ、Yシャツ、ネクタイ、靴等)としては同じですが

「ビシっとしている」、「靴がきれい」、「ネクタイが曲がっている」等と伝わる印象が違います。

役職や仕事ができそう・できなさそう、性格、等々… 様々の要素が服装から読み取れます。

ビジネスシーンにおける服装は相手には名刺より先に印象を与えることになります。

服装でチャンスを得る、得ないもありえるのです。

「男は中身で勝負!」という言葉もありますが

中身で勝負する前に、勝負するチャンスが失われていることもあります。

もちろん服装だけしっかりしておけばいいという訳ではありませんが、

服装をうまく活用すれば多くのチャンスをつかむ可能性があります。

服装で損をしている人、得している人。

どうせなら得する方になりませんか?

出張採寸オーダースーツ専門店 deffertのブログ


「服装での損得」への1件のフィードバック

  1. 読ませていただきました!僕はビジネスのことばかりですが、何か参考になれば幸いです!更新頑張ってくださいね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です