スーツスタイルを武器にする


「スーツスタイルを武器にする」

「人は外見で判断してはいけません」

と子供の頃に教えられた記憶がありますが

「人は外見で判断してしまう生き物」

なのでこのような教育が必要だったのです。

外見は「どのような人なんだろう?」といった判断基準にはなります。

外見だけでこの人はこういう人間だと決めつけてはいけませんが、、、

うまくこの特性を利用しスーツスタイルを武器にしてみるのはいかがでしょう?

一般的によく言われるプレゼン等のアピールしたいときは赤ネクタイ

取引先などに謝罪に行くときはグレーのスーツ等といった

心理学的な要素を取り入れてみる。

TPOにあわせ服装で攻める、なじむ、引くというような戦略は非常に重要だと思います。

主要国首脳会議などで各国の首脳の服装に注目してみると面白いですよ。

どんなメッセージが込められているのかな?

なんて見方をすると参考にもなりますし面白いですよ。

出張採寸オーダースーツ専門店 deffertのブログ


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です