ジャケット襟についている穴について


ジャケット襟についている穴について

スーツのジャケットのラペル(下襟)に空いている穴をフラワーホールと呼びます。

日本のビジネスシーンにおいては社章を差す用途で使われるケースをよく目にしますが、本来は社章を差すためにつくられた穴ではありません。


これは何のためについている穴なのでしょうか?

現在のスーツは立襟の軍服が元となっています。

軍服の立襟を折り返して着られるようになり今のスーツの形となったといわれていますが、この穴はその軍服の第一ボタンの名残だといわれています。
お洒落な紳士の間でその第一ボタンホールに花を挿すのが流行し、その穴のことをフラワーホールと呼ばれるようになったといわれています

 
 

 
 

 
 

 
DEFFERT/デフェール
Web Site:http://www.deffert.net