ジャケットの腰ポケットの種類


ジャケットの腰ポケットの種類

ジャケットの腰ポケットには大概フラップのついたポケットがつけられています。
他にも右のポケットの上に小さなポケットがついていたり、斜めのポケットだったりと色々と種類があります。
現在ではデザインとして使われているのがほとんどですが、これらがつけられるようになったのには理由があります。

「フラップポケット」

フラップは何のためについているのかというとポケットに雨や埃の侵入を防ぐための雨蓋の役割としてつけられています。
元々室内でのみ着られていたスーツが外で着られるようになりこの雨蓋の役割のフラップがつくようになったといわれています。
原則的には室外ではフラップを外に出し、室内では内側に隠しておきます。

「両玉縁ポケット」

写真のようなポケットを両玉縁ポケットと呼びます。
フラップのついたポケットをしまうとこのような形となります。

室内でのみ着るようなよりフォーマル(タキシード等)なものにはフラップはついていません。

「チェンジポケット」

チェンジポケットとは、上着の脇ポケットの右上についている小さなポケットのことをいいます。
これは小銭や電車の切符を入れておくためのポケットだったといわれています。
元々はコートにつけられていたポケットだった様です。

「スラント(斜め)ポケット」

斜めについたポケットのことをスラントポケットといいます。

馬に乗り前傾姿勢になった際に水平についたポケットだとポケットに入れた物が落ちやすかった為、それを防止するため斜めポケットがうまれたといわれています。

スポーティーな印象になります。

「アウト(パッチ)ポケット」

アウトポケットとは、同じ生地を上から貼り付けて作るポケットです。
パッチポケットともよばれています。
カジュアルな印象になります。。

最近ではビジネスシーンでもジャケパンスタイルのジャケットにもみられるようになりました。


オーダースーツ・シャツならDEFFERTにお任せください。名古屋.愛知.岐阜.三重に出張も致します。お客様のご都合の良い場所(ご自宅、オフィス、プライベートサロン)でオーダー