スーツと背広(せびろ)の違いは?

スーツと背広(せびろ)の違いは?

「スーツと背広」は単純に呼び方が違います。

なぜ背広という名前が付けられたのかというと色々な説がこれにはあります。

有名な説はロンドンにあるサビルローからきているといわれています。
(サビルローはスーツの聖地ともよばれるところで有名な一流店が軒を連ねている場所)

イギリス帰りのおしゃれな紳士が

「素敵な服ですね、どこでお作りになられたのですか?」

と聞かれ

 

「サビルローで、、、、、、」

 

と答えたのがいつの間にかセビロ(背広)になったといわれています。

 

聞こえは似ています。「サビルロー」「セビロ」
ただ漢字で「背広」と表現しているのはなぜでしょうか?

 

 

それを踏まえてもう1説としては

 

 

セビロが日本で着られるようになる前、お役人はモーニングを普段着ていました。

徐々にセビロ(サックスーツ)が着られるようになってきて幅の狭い布地を何枚もつなぎ合わせたやや窮屈なモーニングと左右各1枚の布でできたゆったりしたセビロを比べると背が広く見えたのでしょう。

 

 

そこから背広(セビロ)と呼ばれたのではないか?とも言われています。