BLOG

「革靴の種類」

革靴には色々なデザインがあります。

その中でも基本的なデザインを紹介していきたいと思います。

 

 

「革靴の種類-ストレートチップ」
blog_import_520b47dbbecae 代表的な革靴の形

つま先部分に横一文字の切り替えが入っているのが特徴です。

フォーマル性の高いスタイルです。

 

 

「革靴の種類-Uチップ」

S1 代表的な革靴の形

U字型にアッパーを縫い合わせたデザインが特徴。

元々カジュアル向きであったが最近はビジネスシーンでもよしとされる。

 

 

「革靴の種類-ウイングチップ」

S2 代表的な革靴の形

つま先部分の切り替えが翼のような形(W)をしているのが特徴。

穴飾りを施したものが多く華やかなカジュアル感を演出するのに最適。

 

 

「革靴の種類-プレーントゥダービー」

blog_import_520b47e2a2485 代表的な革靴の形

トゥ部分に切り替えや飾りがなく、

外羽根仕様(ダービー)のシンプルなデザインが特徴。

羽根の開きを調整しやすく甲が高い人も履きやすい。

 

 

「革靴の種類-プレーントゥVフロント」

blog_import_520b47e4d5cc3 代表的な革靴の形

外羽根の形状がV字型になっているのが特徴。

カジュアルからフォーマルまで幅広いシーンで使える。

 

 

「革靴の種類-モンクストラップ」

blog_import_520b47e6760bf 代表的な革靴の形

シューレースがなくバックルで留めるデザインが特徴。

修道士(モンク)が履いていたことからこの名前がついたとされる。

 

 

「革靴の種類-プレーントゥギブソン」

blog_import_520b47e9577a7 代表的な革靴の形

シューレースがなく履き口をバックルで留めるデザインが特徴。

モンクストラップと似ているが、モンクストラップより高級感のあるデザイン。

 

 

「革靴の種類-ローファー」

blog_import_520b47eb55ad6 代表的な革靴の形

スリッポンタイプのU字型のモカステッチ特徴。

脱ぎ履きがしやすいことからローファー(怠け者)という名前がついたとされる。

アメリカンカジュアルなスタンダードとして人気です。

 

 

「革靴の種類-サドルシューズ」

blog_import_520b47ed79384 代表的な革靴の形

革の切り替えが甲部にはいったデザインが特徴。

馬の鞍(サドル)からきているといわれています。

コンビに仕立てられることが多い靴です。

 

 

「革靴の種類-オペラパンプス」

blog_import_520b47f0db568 代表的な革靴の形

アッパー、サイドが浅くカットされ、アクセントにリボンがあしらわれているのが特徴。

一般的にエナメル革でドレス靴の最高峰といえる靴です。

 

 

「革靴の種類-チャッカブーツ」

blog_import_520b47f40c84e 代表的な革靴の形

くるぶし丈の外羽根が特徴。

元々はポロ用に開発されたといわれている。

さまざまのファッションに合わせやすい汎用性のある靴です。

 

 

「革靴の種類-ジョッパーブーツ」

S8-300x200 代表的な革靴の形

足首に巻きつくようなストラップが特徴。

元々は乗馬用のブーツであったといわれています。

 

 

「革靴の種類-サイドゴアブーツ」

blog_import_520b47faaf4df 代表的な革靴の形

サイドに伸縮性のあるゴムを施したデザインが特徴。

チェルシーブーツともよばれます。

 

 

「革靴の種類-サイドエラスティック」

blog_import_520b47fc74af1 代表的な革靴の形

アッパーの両サイドにゴム(エラスティック)をあしらい革帯で隠すようなデザインが特徴。

スリッポンの一種ではあるが優雅な足元を演出できる。

 

 

「革靴の種類-ホールカット」

blog_import_520b47fe99737 代表的な革靴の形

一枚の革でアッパーを包み込むように仕上げたスタイルが特徴。

ヒール部分以外に継ぎ目を作らない為、高い技術力が必要とされる。

ドレッシーな足元を演出できる。