ジャケットの腰ポケットの種類 フラップポケット


ジャケットの腰ポケットの種類
ジャケットの腰ポケットには大概フラップのついたポケットがつけられています。
他にも右のポケットの上に小さなポケットがついていたり、斜めのポケットだったりと色々と種類があります。
現在ではデザインとして使われているのがほとんどですが、これらがつけられるようになったのには理由があります。

「フラップポケット」

フラップは何のためについているのかというとポケットに雨や埃の侵入を防ぐための雨蓋の役割としてつけられています。
元々室内でのみ着られていたスーツが外で着られるようになりこの雨蓋の役割のフラップがつくようになったといわれています。
原則的には室外ではフラップを外に出し、室内では内側に隠しておきます。