BLOG

スーツのパーツ名称「お台場仕立て」

ジャケットの裏側には内ポケットがついています。
この内ポケットを取り囲むように裏地を張られていることをお台場仕立てと呼びます。

お台場仕立ては何のためにあるかというと
裏地の張り替えがしやすいことからこの仕様ができたのです。

昔はジャケットの裏地は絹を使用しており、表地に比べて弱いという欠点がありました。
着続けていると表地は問題なくても裏地が擦り切れることがよくありました。

当時は裏地の取り換えをするのは別に特別なことではなかったのです。
しかし現在の裏地は主にポリエステルやキュプラという素材が使われています。
強度もあるためそうそう擦り切れることはありません。
したがって裏地を張り替えることもなくなってきました。

現在は「お台場」は機能的にはあまり関係のない物ですが、内ポケットに物を入れても形が崩れにくいことや、見た目の高級感に人気のある仕様です。

ちなみに、、、
なぜ「台場」ではなく「お台場」なのでしょうか?

それは明治初期の職人用語がそのままきているからといわれています。将軍様がつくった砲台ということもあり敬語として「お」がついたといわれています。

 
 

 
 

 
DEFFERT/デフェール
Web Site:https://www.deffert.net

関連記事一覧