ベント

下記よりベント(ベンツ)の形状をお選びいただきます。

vent1 ベント 名古屋の完全予約制オーダースーツ専門店DEFFERT

 

豆知識↓

ジャケットのおしり部分にある切れ込みをベントといいます。
ベントには種類があります。

センターベントもサイドベンツも現代の機能としてはシルエットがよりよく出るといったことがあります。
ウエストラインがきれいにみえるのは裾にかけての広がりです。
ベントはその裾に余裕を持たせる役割をします

切れ込みが1本ならベント(vent)
切れ込みが2本ならベンツ(vents)と呼ばれます

 

「ノーベント」

image1221 ベント 名古屋の完全予約制オーダースーツ専門店DEFFERT

上着の背に切れ込みのないデザイン。
ベントはそもそもが上着の裾に運動量を与えるためにあります。
それがないのですから機能的なメリットはありません。

屋内等での着用を想定したフォーマルな仕様です。
クラシックなスタイルにノーベントもいいですね。

 

「センターベント」

image1211 ベント 名古屋の完全予約制オーダースーツ専門店DEFFERT

センターベントやらサイドベンツは
現在デザインやシルエットのバランスで選びますが
そのように切られたのには由来があります

洋服職人はベントを開けることを「切る」といいます。
古くにはセンターベントは
「馬乗り」と呼ばれていたこともあるそうです。

センターベントは馬乗りの為(馬に乗りやすい様)にできたといわれています。
目的があっての機能なのです。

「フックベント」

image421 ベント 名古屋の完全予約制オーダースーツ専門店DEFFERT

中央にまっすぐ切れ込みがあり
バックシームのラインがカギ型なのが特徴的です。

クラシカルな仕様です

 

「サイドベンツ」

image31111 ベント 名古屋の完全予約制オーダースーツ専門店DEFFERT

左右に切れ込みが二つあるサイドベンツ。
古くにはサイドベンツは「剣吊り」と呼ばれていたこともあるそうです

サイドベンツはサーベル等をつるしておく際に
機能的にということでできたといわれています。